一重まぶたに悩むお子さんを見ている親御さんはいませんか? 今回は私と娘の一重まぶたとの戦いについて書きます。 どちらかというと美意識の低い私から生まれた、美意識の高い現在小学校に上がったばかりの一重まぶたの娘。 ちなみに娘の一重まぶたについては完全に私譲り。そんな私は現在奥二重である。 美意識が低い私も思春期あたりから自分の一重まぶたが嫌で仕方がなく、毎日アイプチをつけて学校に通っていた。 今はテープ型だとか種類がたくさんある二重コスメだが、当時はまだのりタイプのものが数点あっただけ。 まぶたは身体の中でも薄い皮膚。アイプチに限らずアイシャドウなどでも成分が少しでも合わなければすぐにかぶれてしまう。 合わないアイプチを買ってしまった時はお小遣いが貯まるまでかぶれと戦いながら使い続けなければならない。 そんな学生時代を経て、晴れて社会人となった私がまず実行したのが某有名美容外科での埋没法のプチ整形である。カウンセリングで腫れは少ないとは言われたものの、まったく腫れないことなどない。幅を広げるほど腫れも大きくなる。 やるからには幅広の大きくパッチリした二重にしたい。でも誰にも知られたくない。私は後者を選び、できるだけ周りにバレないように幅狭めの奥二重にしてもらうことにした。手術後は腫れは少ない方だと言われたが、見るからに赤く痛々しく腫れ上がった。伊達メガネで隠して帰ったが、母親にはすぐに指摘された。 「変なアイプチ使ったらこんなになっちゃった」 と、苦し紛れの誤魔化しでなんとか乗り切り、家族には未だに内緒にしている。 さて、本題の娘のまぶたについては生んだときからどうしたものかと密かに勝手に悩んでいた。 せめて主人の奥二重を受け継いでくれたらと何度思ったことか。もしかしたら成長過程で奥二重になっていくかも…?なんて希望も持てないほど私由来の重たい一重。 しかもなぜか美意識がめちゃくちゃ高く、幼いながらに子どもコスメや服にうるさい。いつもジャージだった私には似なかったようだ。 そんな娘なら、きっと思春期を迎える前に目にコンプレックスを持つに違いない。私と同じようにアイプチで苦しむかもしれない。もしそんな悩む姿を見たらプチ整形をさせてあげよう。もちろん本人が望んだらの話だが。そう決めていた。 が、そんな思いとは裏腹に、娘は重すぎるまぶたのせいで上まつ毛が内側を向くように成長してしまい、頻繁に目を擦り、ひどい時は目が充血するようになった。いわゆる逆さまつげである。 娘の一重まぶたはコンプレックスの問題ではなくなり、医療の問題に変わった。 定期的に眼科に連れて行き、相談した。 逆さまつげは眼球を傷つけ、最悪視力低下を招いてしまう。治療としては様子を見ながらその都度まつ毛を抜くか、二重手術をするかの二択だった。逆さまつげの二重手術は健康保険でできるとのことだった。 手術をするにはまだ小さすぎた娘には、まつ毛を抜く治療が行われていた。毎回痛くて泣く娘がかわいそうで仕方がなかった。 手術ができる年齢になるのを待ち望むようになった。 ネキシウム服用の注意点とは? そして迎えた手術ができる年齢。 幼稚園を卒園し、小学校に入学するまでの間が最適と判断し、私は娘の手術を眼科ではなく美容外科にお願いした。どうせやるならの精神もあったが、やはり見た目に関することはその道のプロにお願いした方が良いと思った。 美容外科で相談したところ、娘の状態には埋没法ではなく切開法を勧められた。 本来なら大きな病院で手術し、且つ入院が必要な年齢だということだったが、かなりベテランの先生が娘の性格上(年齢にしては落ち着いている)日帰りでも大丈夫だと言ってくれた。 ベテラン医師の太鼓判がついたところで、娘の手術は決行された。 手術には私も立ち会い、ずっと手を握り手術を見ていた。 最初の局所麻酔こそ少し痛がっていたが、麻酔が効いてメスが入る頃には落ち着き、最終的には歌まで歌うほどリラックスして手術を受けていた。 術後は私の埋没法の時とは比べものにならないほど赤紫に腫れ上がっていたが、痛がっていたのは麻酔が切れた当日だけ。 子どもの回復力は半端なく、腫れ自体も一週間ほどでかなり引いた。 小学校へ入学する頃には手術の跡などまったくなくなっていた。 最後に最初に戻りますが、一重まぶたに悩むお子さんを見ている親御さん。 お子さんはもしかして逆さまつげではありませんか? 一度よく見てみてあげてください。 堂々とコンプレックスを治すチャンスがすぐそこにあるかもしれません。 今日はシフォンケーキを焼いてました。 三回も焼いてしまいました。 なぜなら出来に納得がいかなかったからです。 一回目。ふわふわしてないとは言いませんが、高さが足りませんでした。 初めて作ったのが今回だったらこれで良しとしていたかもしれません。 ですが同じレシピで以前作った時は、自分でも感動するくらいボリュ―ミーでふわふわしていたのです。今日の物とは全く違うのです。 やはりそれでは気持ちが治まらないので、焼いたケーキが冷めるのを待ち、型から外してまた同じものを焼きました。混ぜ方などを変えてみました。 一回目と同じ出来でした。 むきになってもう一台焼きました。 それでも変わりはしませんでした。 一体何が原因なのでしょうか。私には分かりませんでした。 そんな調子で今日はふわふわを求めていたら一日が終わってしまいました。 残ったのは三台のプレーンのシフォンケーキです。 クリームを付けようがジャムを付けようが、さすがに飽きました。 悩みがまた増えてしまいました。 ... Read More