女性がダイエット効果を高めたいなら、生理サイクルによる体の変化を考慮に入れるといいでしょう。 月経のサイクルと、ダイエットがどのような関わりを持つかを理解することで、ダイエットの効果をアップさせることが可能です。分泌されているホルモンは色々ありますが、女性ホルモンとしてはエストロゲンと、プロゲステロンがあります。同じダイエットをしたとしても、効果が出るときと出ないときがあるのは、このホルモンの影響があるからです。月経が始まってから次の排卵までの約2週間は、おもにエストロゲンが働き、排卵から次の月経が始まるまでの約2週間はプロゲステロンが働いています。身体の機能が高まるのは、エストロゲンが働くからです。活動期に入った体は、血液の流れがよくなり、エネルギーの燃焼効率が上がって、ダイエットがスムーズになります。 逆に、プロゲステロンが機能している時は、身体が休眠状態に入っている時であり、新陳代謝も低下していますので、ダイエットには不向きな時です。ダイエットを開始するタイミングを、エストロゲンの活動期に合わせるようにしてみましょう。プロゲステロンが働いていて体が休んでいるときにダイエットをしてしまうと、体に大きな負担がかかってしまうため、思うような効果が得られない場合があります。効果的にダイエットを実践するには、エストロゲンが働き出すのに合わせてダイエットを開始するようにしましょう。生理周期を意識し、プロゲステロンの多い時は体重減少を急がないようにして、エステロゲンの活動期に合わせてダイエットをすると効果的です。 サラフェ ... Read More