ダイエットに役立つ運動といえば、ウォーキングです。 なるべく短期間でダイエットを成功させるためには使ったカロリーが取ったカロリーを上回ることが大切なのでカロリー消費が激しいジョギングやエアロビやジョギングなどの運動が第一候補として上げられます。 又、身体をシェイプアップして強弱のあるボディラインを作るためには筋トレもおすすめします。 世の中には、これを食べておけば痩せるという食べ物はないと言えます。 ただし、カロリーが低いものとか、食物繊維が豊富で、お通じに良いものは痩せるのに役立ちますよね。 実際、野菜やきのこ類、海藻類をたくさん食べると、ダイエット効果があると言われています。 また、カロリーの高い食べ物を制限しなければなりません。 私が痩せたいと思った時、自宅でもできるダイエット方法として腕立て伏せや腹筋、スクワットなどの運動を行い、筋肉量を増加して体内の代謝がアップしやすい状態にした後に、少々速足での散歩を30分以上やりました。 これを毎日続けたおかげか、わずか二ヶ月で5キロの減量を達成しましたが、続けるのは、中々大変困難でした。 ダイエットをやってると自分に厳しい食事の制約をかけてしまう人もいますが、食事を取らないなどの無理な減量は絶対、やらない方がいいです。 食事をコントロールしていてもお腹が減ってしまったら無理せずに食事をとるようにしましょう。 とにかく、低カロリーのものを頂くようにすれば体重がいきなり増したりすることもありません。 呼吸に気を遣を遣って、お腹から行うだけでも、人間はスレンダーになるそうです。 体が締るストレッチとしては深い呼吸をしながら、肩甲骨を動かすのが良いのだと伺いました。 肩こりにも有効なのですが、両ほうの腕を上にまっすぐ伸ばしながら息を吸い、腕は上を向けた状態で、肘を曲げて体の後ろに沈めていきます。 この時に息を吐きだして肩甲骨をキュッとさせるイメージです。 簡単にダイエットしようとするのに食べ物を食べるのを抜いてしまうのはダメです。 長期間継続しないし、健康に差し障ってしまいます。 正しく、食事を得ながら、食べ物の一部をカロリーの低いものに置き換えると良いです。 運動を併用する者は、筋肉をつけ基礎代謝を上げるために多たんぱく質で低カロリーが、一押しです。 私自身、ダイエットは以前に何度かしてきました。 今もちょこちょこやってる方法でいうと、ちょっとした断食です。 1日予定が見られない日に ウォーター以外は何も食べないようにします。 次の日の朝は胃にやさしい食事を取って、後は普段通りに生活するのです。 胃袋のリセットにもなって肉体にも良いそうですよ。 ダイエットには有酸素運動が良いといいますが、有酸素と無酸素の区別というか、見分けられません。 普通、息は上がるけれど、汗はあまりかかない程度というのが、区別できるようです。 でも、発汗の仕方は温度によっても変わりますよね。 もっとちゃんとした境界線などがあると痩せやすいと思います。 ダイエットをずっとやってると、いつの間にか、カロリー計算なしでも、おおまかな摂取カロリーが予想できるようになっちゃうもんです。 主食と主菜、副菜をこの程度食べたので、昼食の摂取カロリーはこのくらいという具合に計れるのです。 ふくよかだった頃があるため、どうしようもないのですが、少しセンチメンタルになります。 最近、ぽっちゃりになったので、痩せよう調べていたら、良い改善法を見つけました。 それは酸素を多く取り込む運動です。 知っての通り、有酸素運動の効果はてき面で、カロリーを制限するよりも、ずっと痩せられます。 私も数週間前からジョギングをやり始めたのですが、目に見えて痩せてきているので嬉しいです。 走ることはことのほかききめがあるんだなと思いました。 ダイエット茶の効果で美肌に ... Read More