決して肥満には見えない人でもダイエットを実践して体重を減らそうと努力している人が少なくありません。肥満ではないのに、ダイエットを続けているという人は、一体何を目的にしているものなのでしょう。 肥満ではない標準体型の女性が、ダイエットをしたいと考えるのは、日本では痩せているほうが美しいと思われがちだからです。テレビで雑誌で見る芸能人やモデルなどの影響から、痩せているほうが美しいという考えが多くの人に定着しています。日本人の価値観は、痩せ体型が美人体系というものです。その影響もあり、標準体型の人でも痩せたいという気持ちを持ってダイエットに取り組みます。早い人では10代からすでにダイエットを始めている女性もいます。体重が気になるかも知れませんが、若い女性のダイエットは大変危険です。子どものうちは、身体を成長させることを第一に考えるべきことであり、ダイエットをしても体にいい影響はありません。未成年のうちは、身体を成長させるためや、代謝を促進するために食事が欠かせません。十分栄養を摂らないと骨や筋肉が育たず体力が低下してしまったり、月経の遅れや乳房、子宮の発達にも影響を及ぼします。若いうちから食事を減らしていると、心身のバランスを崩して拒食症になったり、肌トラブルが発生しやすくなったりもします。女性の美意識の高さは大変良いことですが、体重を減らすことだけを意識するのではなく、健康的な体を作ることも必要であることを忘れてはなりません。 ... Read More